仕儀はお客様視点が必要

おはようございます!!!

今日も元気なアクティブコーポレーション採用担当です。

今日は顧客目線の話をします。

よく言われるのはお客様の立場になって考えよう。ですね。

お客様の立場に立って考える?って何?どうするの?

そう思うのが普通の反応だと思います。

しかしながら、普段の生活をしていれば、殆どお客様として扱われます。

コンビニにいけば店員さんがお客様だと思ってくれますし、ガソリンスタンドに行けばスタンドのスタッフがお客様扱いをしてくれると思います。

自分がお客様扱いを受けている時は当然ですがお客様視点を持ってます。あの店員愛想が悪いなぁ~とか、声が小さくて聞こえないとか、下手したら教育がなってない!なんて憤る時もあるかもしれません。

会社は何らかの形で全員がお客様と向き合ってます。技術者であっても作ったものがどう使われるのか?を意識しなければならないし、事務であっても提出する請求書や契約書は見易いか?不備はないか?を意識する必要があります。電話対応ひとつでも対応が悪ければ、すぐにあの会社の受付は教育がなってない!なんて言われるかもしれません。

特に営業は直接お客様と相対しますので、より強く意識する必要があります。

皆さん、自分がお客様の時にどういう視点で見てるかを強く意識しましょう。不愛想な顔で仕事されたらどう思うのか?無下に扱われたらどう思うのか?

会社という組織は全員がお客様の為に何かを行っています。たった一人でもお客様なんて関係ないというスタンスで仕事をしていたら、そのお客様からの仕事は無くなってしまうかもしれません。仕事がなくなれば、売上が入らなくなり、売上がなければ会社は運営する事が出来ません。

自分の都合の前に、まず「どう思われるか?」を考える事がサービスの向上に繋がります。サービスの向上は売上の向上に繋がり、それは自身の報酬(給与)の向上へと繋がっていくと思います。

なんてこと無い事でも視点を変える事で大切な事になる事もあります。

顧客目線を意識してみましょう。

以上です。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング