組織はチームワークで勝負する

会社というのは人が集まった組織です。

その個人、個人の力は実は大きな差はありません。

しかし会社となると大きな差が出ます。

違う会社で違う仕事をしているのだから、差は出て当たり前だろう!と思われた方が多いと思いますが、同じ業種で同じ商品を取り扱っていても差は出ます。この差は一体何でしょうか?

一番大きいのは経営者の方針かもしれませんね。経営者の采配で出る結果は大きく変わります。

しかし、もう一つ重要なポイントがあります。

それはチームワークです。

自分達の会社がどうすれば持ち味を出せるのか?強みを出せるのか?という事を話し合うのです。

個人の弱い部分を他のメンバーが補う事によって、個人の弱さは無くなります。野球チームが声を出し合って確認するように、会社でも声掛けをする事でミスは極端に減ります。

同じような人の集まりであっても、それぞれがチームだと考えるとチーム力で大きな差が出ます。チーム内のコミュニケーションを活発にする事で沢山の情報が共有されます。この差が大きな差になるのです。

1人でやると1時間かかる仕事も2人でやれば30分どころか、10分で終わる仕事もあります。もちろん、2人でやっても結局1時間かかってしまうものも中にはあるかもしれませんが、1人でやるのも、2人でやるのも3人でやるのも、人数が揃っていれば選択肢は増えます。

10人のチームであれば、力を合わせる事でその力は11人分にも12人分にもする事が出来るのです。

それぞれが力を合わせる!という事を意識して、団結する事でチームワークは生まれます。そうして一丸となって目標に取り組む事で大きな結果が得られるのです。

チームワークを意識して全員が目標に向かって頑張れる組織は強い組織になると思います。

私はそういった組織でイキイキと働きたいです。

以上です。