報告は早くする

皆さん報告は早めにしていますか?

都合が悪いからといって後回しにしてませんか?

私の経験上ですが、報告は後回しにして良い事などひとつもありません。悪い報告であればある程早くした方がいいです。今日は報告を後回しにする人のデメリットを紹介します。

よく自分に都合の悪い報告を後回しにしてしまって手遅れになっている人を見掛けます。早く報告しておけば幾らでも対処出来るようなことを後回しにしてしまったがために取り返しのつかない状態になってしまいます。

ギリギリまで報告せずに、逆に相手に気付かれて指摘を受けるような人は要注意です。そういった人は確実に相手から信頼されません。

都合が悪い事であっても、早く報告する事でプラスにはならないまでも、マイナスを最低限で抑えることが出来ます。しかし、都合が悪いことを出来る限り遅くしようとする人はどんどんマイナスを増やしてしまい、どう対処してもマイナスが取り返せなくなってしまいます。

なぜ、報告を遅くする必要があるのでしょうか?

遅くする事によるメリットは何なんでしょうか?

実は報告を遅くする事によるメリットは一時的なもので、それは全くメリットになっていません。

悪い報告をすぐにすれば、その場で注意を受けるかもしれませんし、評価を下げるかもしれません。しかし、報告しなければどうでしょうか?

報告しなければ、その時は注意されませんし、評価は下がりません。しかしながら、悪い状況が好転しない限り、悪い状況はただただ悪化するばかりで、自分ではどうする事も出来なくなります。むしろ、自分でどうにか出来るような事ならば、悪い状況になっていないので報告を躊躇する必要もありません。

悪い状況が好転した場合は、報告しなくて得をするのでしょうか?

実は、そうでもありません。バレなかっただけ。という罪悪感が残ります。

報告した場合ならば、このような悪い状態になってしまいました、しかし、このようにして対策をします。と言い、その対策によって改善されたならば、あの人は確実に事実を伝えてくれる人だ、そして更にそれを自分で挽回した人だという評価になります。

一度マイナスになった方が、プラスになった時にプラスが目立ちます。プラスにならないまでも、マイナスを増幅させる要因が無くなる事によるメリットは非常に大きいです。なぜなら、報告を後回しにした時の信頼の失い方は、報告した場合と比較にならない程に大きいからです。

報告を後回しにしてしまう人は、後回しにするクセがついている人です。よって、今後も後回しにするだろうな?と思われ信頼される事はありません。都合の悪い事を後回しにした所で、それは無くなるわけではありませんから、ストレスが溜まるというデメリットが追加されるだけです。早く言わないと、どうしよう、何かいい方法は?などと考えずに、申し訳ありません!こういった事情でこのようになってしまいました!と早く言った方が絶対に相手にとっても、自分にとっても良いのです。

後回しにした所で、どうせやらないといけないのです。

早くやってしまいましょう。

以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング