営業マンとしてやっていた事

おはようございます。アクティブコーポレーション採用担当です。

私が昔営業をしていた頃にやっていた事を紹介します。

私は技術者派遣をする会社に居ました。派遣する技術者のスキルを紹介するにしても、本人が居なければ紹介出来るものはありません。しかし、どのような仕事を紹介出来るかを事前に把握しておかなければ、自分の知らない仕事を紹介する事になるので、技術者に対して失礼になってしまいます。仕事が無ければ人は募集出来ない。でも、人がいなければ、派遣先は見向きもしてくれない。最初は途方に暮れました。

しかし、途方に暮れていては何も始まりません。

そこで私が行った事は自分のスキル紹介や自分の自己紹介を書きました。私は昔、技術者としてプログラムを組んだ経験があったので、それをスキルシートに記入しました。F通でD社の携帯システムを、T芝でJ社の市況管理システムを、またF通でT放送局の地上波CM管理システムを作成した内容を作業工程と共に詳しく書きました。更に興味は持って貰えないとは思いましたが、自分の趣味や座右の銘、関心があるもの、目標としている人などを書いた自己紹介を作成しました。

それを持って営業に出て、私も技術者として仕事する事が出来ます。しかし、私の会社にはもっと若く、能力が高い人間が沢山います。私はこういう人間です!と自分を売り込みました。IT超大手のN社の部長も「こんな面白いヤツは初めて見た!」と大喜びして、口座を結んでくれました。更に子会社のシステム会社を紹介してくれたりしました。N社には田町の駅の近くという立地と契約金が月額70万円を超える契約が出来たので、派遣していた社員にも40万円以上の手取りを渡す事が出来た事もあり、最大で28名派遣していました。更に驚くべき事にリーマンショックで外注費を半額以下にするという事が決まり、他社の派遣がスッパリ切られたのに、私が担当していた技術者は一人も切られる事はありませんでした。(単価は5%マイナスになりましたが)

私は他の営業マンと異なる何かを考えに考えた結果、自分の過去の経歴を利用しました。経歴に興味を持って貰うと共に、自分を売り込みました。少しのチャンスしかない出会いを何かの形にしたくて必死に取り組んでいました。

沢山の会社を回った結果分かった事は、自分を売り込む事は簡単ではないという事です。門前払いも何度もされまいた。なぜなら、私が昔いたIT企業は社歴も知名度もなく、社員数も少ない弱小でしたので、何か特別な事をしないと会社自体の信頼度が無かったので、契約して貰えなかったのです。

同じものを売る商売であれば、差は営業マンのスキルか会社のネームバリューというバックボーンしかありません。会社は自分の力だけでは変えられないので、自分自身のスキルに磨きを入れる事でしか勝機を見出せません。だからこそ、何か特別な事、人と違う事をしなければ売れないと思います。

参考になるかは分かりませんが、昔話を書いてみました。

数字が伸びない、成長が実感出来ないという営業マンの方がもしこれを見たら、ぜひ今と違う何か?他の営業マンがやっていないような事を考えて貰えたら?と思います。

以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

1番を目指す

おはようございます。

今日も元気なアクティブコーポレーション採用担当です。

いきなりですが、皆さん世界で1番高い山をご存知ですか?

そうです。エベレストです。中国名はチョモランマですね。
標高8848メートルある山です。ヒマラヤ山脈の中でもエベレストだけ特別に知名度が高いです。現在はGPSで測量した結果8850メートルだとされていますが、地殻変動等で年々標高は変動しているようです。

では、世界2位はご存知ですか?

そうなんです。1位は有名なのに、2位はあまり知られていません。

ケーツーという山なのですが、知っている人は少ないです。K2はカラコルム山脈にある山なのですが、標高は8611メートルあります。しかし、近年レーザーと人工衛星で測量した結果8886メートルという驚愕の結果が出て、正式に認められるとK2が世界最高峰という事になります。

少し脱線しましたが、1位と2位で知名度があまりにも変わってしまう事が伝わったかと思います。日本の山でも一緒です。

1位の富士山は誰もが知っている日本で一番高い山です。しかし、2位はあまり知られていません。北岳という山なのですが、どこにあるのかすら知らない人が多いのではないでしょうか?

1位と2位は数値で表すとそんなに大きな差ではないのですが、知名度や名誉といったものは信じられない程に大きな差になってしまうのです。

だから仕事をする時に目指すのは1番でなくてはなりません。品質も技術もサービスも1番を目指さなければならないのです。最初から2番や3番を目指していては、永久に1番になる事はありません。1番を目指していても2番や3番になってしまう事があるのですから、2番や3番を目指していては、10番20番が関の山です。

昔に2位じゃダメなんですか?と言われて一世を風靡した議員さんが居ましたが、ダメなんです。1位だけが特別なんです。1位しか見られない景色があるんです。

私はアクティブコーポレーションのネット戦略を進めています。豊橋の派遣でアクティブコーポレーションが1位になるように毎日施策しています。豊橋1位から三河で1位になるまで施策し続けます。

目標が高ければ高い程、結果は大きくなるのです。

やるからには1番を目指す!

大切な事だと思います。

以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

人を騙す人

おはようございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

昨日、会社に一本の電話がかかってきました。

豊橋で仕事を探しています。」と・・・

お仕事紹介の会社ですから、私はもちろんですと答えました。

その後、詳しく話を聞くと、大阪出身で豊橋の地理に詳しくないとの事で、「豊橋駅にいるから迎えに来て欲しい。」と言われました。

私は車で豊橋駅まで迎えに行き、電話の方とお会いする事が出来て、会社まで電話の方を送りました。そこで彼は電話を取り出し、「電話してから面接お願いします。」と私に告げると電話を始めました。

私は電話が終わるのを待っていたのに10分経っても会社に現れません。

おかしいな?と思い、電話してみました。

驚愕の返答が返ってきました。

すいません、急用が出来てしまって、友人が迎えに来てくれるので、面接はキャンセルできませんか?」との事でした。

私は、「キャンセルは構いませんが、一度会社に顔出して貰えませんか?迎えに行ったのに、私が一人で会社に戻ったら、私は会社から信頼を失ってしまうので」と言うと、「分かりました、お伺いします。少しお時間ください」と言われ、電話を切られました。

その後、その電話の方とはお話してません。電話をしても出て貰えません。

お電話頂き、迎えに行きますと告げてから10分程で豊橋駅に着いています。車の中でも彼の故郷について楽しく話しをし、何一つ彼の気分を害するような事はしていないという自負があります。

にも関わらず、結果は豊橋駅から彼を南栄駅に運んだだけの人という事になってしまいました。

人を騙すような人間はこちらからお断りなので、もう二度と連絡してくれなくて結構なんですが、こういった事を当たり前にしてしまうようになってしまった彼の環境が、私と一緒に仕事をする事で変えてあげられたのでは?と思うと少し申し訳ない気持ちになります。

私は次に別の方から南栄まで行けないので豊橋駅まで迎えに来て欲しいと言われたら、間違いなく同じように10分以内に豊橋駅に迎えに行きます。

迎えに行った事を失敗だとは思っていません。

車を降りた後に、一緒に居てあげなかった事、一人にさせてしまった事を反省しています。こんな事は何度も起こるような事ではないと思いますが、私の経験のひとつになりました。

日々精進ですね。

以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

過労死になってはいけない

おはよございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

今更感がありますが、特に改善されているわけではないので、今更な事を書こうと思います。

先日電通の社員が過労による自殺をしましたね。電通という大企業だけに大きく扱われました。しかし、ああいった事件は中小企業でも多く起こっています。

過労死の原因は、急性心筋梗塞や急性心不全など心臓の病気が全体の80%を占めています。過労となる具体的な負荷要因としては、残業時間が一つの大きな目安となりますが、精神的緊張、苦痛を伴う業務や、作業環境、対人環境など関係しているようです。

電通のケースはSNSでパワハラを受けていた事も後の調査で発覚しています。

過労死というとどのくらいの作業量なのか?というと、毎月の残業時間が100時間を超えるといったものと設定されていますが、果たして残業が100時間を超えた人は全員過労になるのか?と問われるとそうでもありません。

現に20年近く前になりますが、私が新卒で仕事を始めた時はIT系の超大企業で働いていましたが、月間作業時間は400時間を超えました。通常の人が1日8時間で土日祝が休みとすると、平均で月間168~176時間くらいなりますが、400時間となると、その約2.5倍くらい仕事する事になります。1日8時間の仕事の2.5倍となると20時間です。24時間のうち20時間仕事をしたら4時間しか休みがありません。なので、土日も祝日も働く事で、睡眠時間を捻出する事になります。

私が今、こうやって文章を書いているという事は私は生きているという事です。月間400時間以上の仕事を半年以上続けましたが、私は生きています。私のケースから考えても、過労死というのは作業時間だけではなく、精神的な要素の方が強いという事が分かると思います。

精神的というと分かり辛くなってしまうので、分かり易く言い換えると、過労死の原因の多くはストレスです。作業時間が少なければ少ない方がいいのですが、改善すべきは作業時間ではなく、作業環境だと私は思います。

人間は肉体的なストレスよりも精神的なストレスの方が重く感じます。

どれだけ体が丈夫な人でも、精神的な苦痛が続くと身体に影響します。ストレスは身体に変調をもたらすのです。

皆さんはどうですか?精神的なストレスを溜めていませんか?

休日は肉体的な休息を取るだけではなく、精神的なストレスも解放してください。心と身体は繋がっているのです。どちらかだけ休めても足りないのです。

また、作業環境、職場環境でも精神的苦痛が貯まらないよう気よ付けてください。誰かひとりに作業が集中する事がないように、周りの人が気を配って、助けていくだけでストレスは大きく軽減されます。ほっておかれてる、孤独だと思う事が一番いけないのです。

皆がいるよ、仲間がいるよ と思うだけで救いになる事は沢山あります。

アクティブコーポレーションの社員で孤独感を感じる人がひとりもいなくなるよう、営業マンは絶えず連絡を取り、担当社員とコミュニケーションを取るようにしています。社員側からも担当営業に何らかのシグナルを出してくれると、更にコミュニケーションが取れると思います。

全員で意識するだけで結果は大きく変わると思います。

今のままでも十分だとは思いますが、これまで以上に社内コミュニケーションを意識したいと思います。

以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

自分のための時間

おはようございます、アクティブコーポレーション採用担当です。

月曜日ですね。今週も気合い入れていきましょー

さて、皆さんは自分のための時間は週にどのくらいありますか?自分のためのだけに使える時間がある人は凄く羨ましいです。

子供がいる人は子供に使う時間が思ったより多いと思いますし、家族に病気の人がいれば看護に、高齢者がいれば介護に時間を割かれるでしょう。それでなくても、家事はゴールがありませんので、やればやるほど時間が取られます。

仕事と家庭の両立は難しく私も長男が産まれたばかりの頃は会社を辞めようと思った事もありました。

家庭を持つという事は幸せな事も沢山ありますが、自分自身の時間の事を考えると一人で暮らしている頃とは比べ物にならないくらい時間を失うものです。

時間というのは誰にでも平等だと以前書きました。時間は誰でも同じだけあって、違うのは使い方だけです。

どれだけ忙しくても自分だけの時間を作れる人は存在しています。

時間は与えらえるのではなく、作るものなのです。

本当に予定が詰まっている人でも、1日10分ならば作る事は出来るでしょう。1日10分であっても1週間で考えれば1時間になります。1時間自分のために何か出来るならば、自分の為になる事を何かした方がいいです。

毎日時間に追われ、ストレスと戦う中で、その1時間だけは全てから解放されて、自分の為だけの事を考えるのです。その時間があれば支えになり、ポジティブに考える事が出来るようになります。時間は作り出すしかないのです。ほっておいたらどんどん無くなってしまうものですから。

以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

このブログはブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

思い込みはいけない

日曜日ですね。アクティブコーポレーション採用担当です。

昨日は家内の誕生日でした。9歳の息子がマッサージオイルとマッサージローラーをプレゼントしていました。

 

私は紅茶をプレゼントしましたが、小学生が身体を気遣ってくれた事による喜びが大き過ぎて無かった事のように扱われました(泣)

私の家ではお手伝いシールシステムがありまして、新聞を取ってきた、お皿を拭くのを手伝った、洗濯物を畳んだ、買い物の荷物を持ったなどなど簡単なお手伝いでも、何かいいことをするとシールが1枚貼る事が出来ます。幼稚園の頃は100枚貯めると好きなおもちゃを1つ買って貰えるという制度でしたが、小学生になってお小遣い制になってからはおもちゃは自分のお小遣いで買うというルールになり、シールは5枚貯めると30分ゲームが出来るという制度に改正されました。

そのような状態でお小遣いを自分のおもちゃではなく、母親の身体を気遣うものをセレクトした事で株を大きく上げていました。一緒に買いにいった私が「紅茶にしなよママ喜ぶから」というアドバイスを無視してセレクトした結果、喜ぶと思ったものを買った私よりを遥かに上回る結果を残した事に我が子ながら賞賛しました。

長々と前置きを書きましたが、実は本題はここからです(笑)

昨日、家内の誕生日という事でリッチに外食したわけですが、その飲食店で事件は起こりました。

私たち家族の横の席に母ひとり、子ふたりという家族が座りました。お父さんはどうしたんや!という質問にはお答え出来ません。見たままを書くのみです。

その子ふたりは1人が4歳か5歳くらいのおねえちゃん、もう1人は1歳くらいのまだまだ赤ちゃんでした。私たち家族がほぼ食べ終わり、さて出ようかね。と思っていた矢先の事です。

その母が子供2人を置いてトイレに行きました。なぜトイレに行ったか分かったか?というと、「Aちゃん(おねえちゃんの名前)ママ、ちょっとトイレにいくからBくんを見ててね」と言って席にを立ったからです。おいおい子供だけにするんかい!と既に腹が立っていましたが、何かあってはいけないと、そっと見守ることにしました。

しばらくするとBくんは上手くスプーンが使えず、ご飯を食べる事が出来なくて泣き出しました。AちゃんはそんなBくんを見て食べさせてあげようとスプーンを手に持ちましたが、Bくんはスプーンを取られたと思ってしまったのか、更に泣きます。Aちゃんは慌ててしまって急いで口に入れようとしますが、泣いてるわ手を振り回すわで口に入れようとしても上手く出来ず顔についたりこぼしたりとなかなか酷い状態になりました。

私が手を貸そうかと思った矢先に母親が戻ってきましたので、ふぅ~、と思った時、驚きの一言が飛び出しました。

「Aちゃん、何やってるの?おねえちゃんでしょ!!!」

私はぽかーんです。

むしろ、凄くいいおねえちゃんだったよ!と言ってやりたかったですが、家内の誕生日に他の席と揉めるのは具合が悪いので、控えました。

その後、母親はBくんを抱いてなだめ、ご飯を食べさせていました。その時Aちゃんは涙を流しながら、じーっと母親の行動を見つめ、食べさせ方を観察し、自分の手も同じように真似していました。

私は感動して涙が出そうになりました。

理不尽な理由で怒られたのに、次に同じ状態になった時にもっと上手く食べさせられるようにと食べさせ方を学習しようとするAちゃんの姿は、4歳か5歳とは思えませんでした。

弟が泣いているという理由だけで、叱り付ける母親。

自分が子供を放置していたのを棚に上げて子供のせいにする母親。

なぜ「どうしたの?」「何があったの?」と聞いてあげないんだろう?

なぜ悪いと一方的に決め付けたんだろう?

そう思ってなりませんでした。

仕事をしていても結果だけ見てしまうと、同じようなことが起こります。

なぜこうなったんだろう?この結果をよくするにはどうすればいいんだろう?と考える事が次に繋がります。結果だけを見て頭ごなしに怒るような人にはなりたくない。そう思わされました。

ビジネスに結果は大切ですが、プロセスが間違っていれば結果はついてきません。プロセスを大切にする事が最終的によい結果を引き寄せるんだと思います。

めっちゃ長いブログになりましたが、以上です。

生産性を向上させたい

おはようございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

WEBの採用強化の為に日々作業を進めておりますが、

なかなか手強くて苦戦しています。

現在コーポレートサイトのリニューアルと、SEO対策に加え

案件情報のシステム化を同時に行っていますので、時間が足りません。

卵が先か?鶏が先か?のような話になってしまうのですが、

システム化を先に完成させれば、案件登録は誰でもどこでも出来るので、私がひとりでポチポチ打つより生産性がかなり上がります。しかし、その案件情報を見てくれる人がいなければ、作っても意味がないので、見て貰えるようにSEO対策をして集客力を上げなければなりません。案件情報を入力する人にしてみても、詳しく分かり易く入れる事で応募がくれば、更にもっと入力しよう!というやる気に繋がるので、まず見て貰えるように対策しなければなりません。しかし実際に見て貰えるようになっても、サイト自体が見辛いサイトであれば、見る気を失ってしまうので、見易いサイトにリニューアルしなければなりません。SEO対策は1日や2日で効果が出るものではないので、コツコツとやっていかないといけません。こうなると、優先順位をつけるのが難しくなり、結果同時進行するという自分で自分の首を絞めるような状態になります(笑)

更に来年からはよりグローバルな動くをする予定が入ってまして、海外での活動も視野に入れて動かなければなりません。かなり作業の効率化を図らなければ全部が中途半端で終わってしまいます。

年内にSEO対策の下地を作っておいて、来年にはターゲットキーワードで爆裂されると共にロングテールでも効くようにリニューアルを終わらせてしまい、年始からはSEO対策を随時進めつつ、システム化をしていって、更にグローバルな動きも加えていく予定です。

生産性を上げる工夫をしなければ、到底終わらないっすね。

昨日も朝4過ぎまで設計してましたが、なかなかの規模なシステム化になりそうです、、先にサンプルだけ作って、後でデータベースに置き換えた方が楽かな・・・・と思いつつ、先にデータベースの設計もしておけば、作り直ししなくていいからな・・・なんて思ってみたり、、、、

三河ナンバーワンへの道はまだまだ険しそうです。

愚痴っぽい内容で申し訳ありません・・・・眠くて(笑)

知識と知恵で生き残る

おはようございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

一昨日と昨日と立て続けに知識と知恵について書きました。似たような事を何度も書く時は私の中で凄く大事にしている事です。

このブログを読んでいる人に伝えたい事、届けたい想いが強ければ強い程何度も書いてしまいます。もちろん、自分に対しての戒めでもあります。

営業職の人は商品の知識が絶対的に必要になります。商品を知れば知る程、商品を売る為の知恵が生まれます。どうやって売ろうか?どのようにすれば売れるか?を考えます。それが知恵です。

商品が変われば、新しい売り方が必要になるかもしれません。なので、常に知識を得て、常に知恵を絞らなければならないのです。どれだけ商品に詳しくても説明出来なければ伝わりません。他社との違いを知って貰う為にも知恵を絞って工夫する事が必要になるのです。

アクティブコーポレーションは人材と企業を繋ぐ仕事をしています。

人材をよく知らなければ企業様に提案出来ませんし、企業をよく知らなければ人材に企業を紹介出来ません。他社と同じ様にしていては差別化など出来ないのです。だからこそ更に知識を得て、更に知恵を絞らなければなりません。この知恵の出し合いに勝つことが出来なければ生き残れないのです。

一度上手くいったからといって、同じ知恵を使い続けている企業はいずれ消えます。常に新しい知識を求め、常に知恵を出し続けた企業だけが生き残れるのです。

実は12月になって、このブログの右カラムに「仕事探しをする時に重要視する事は?」というアンケートを内緒で取ってます。こういった情報収集も知識のひとつになるのです。こういったデータと他社の公開データや厚生労働省のデータ等を知識として得る事で、新しい知恵が生まれるのです。

知識と知恵で生き残るのです。

以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

知識を増やしましょう

おはようございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

昨日は知識と知恵について書きました。

今日は実際に知識の増やし方について書きます。

おさらいですが、知識は知っている事、知恵は考える事です。

計算に例えるならば

3+2=●

5+7=◎

これを答えるには知識が必要です。

◎-●=?

これを解くには知恵が必要です。

知識を利用しなければ知恵は使えません。

別の例えを出すと、

知識は食材で、知恵は料理法です。

知識を得れば得る程、よい食材が得られますが、知恵を使わなければ美味しい料理は作れません。美味しくするもしないも料理法次第なのです。最高級のお肉も丸焦げにしてしまえば苦くて食べられません。

知識が無くても知恵を絞りまくれば、凄い知識を持っている人に勝てるかもしれません。

しかし、相手が油断せずにしっかり知恵を絞っているのならば、知識で勝つしかありません。

情報社会と呼ばれる現代では情報が以前に比べ簡単に手に入ります。ならば、どれだけの情報を集め、その情報を知識に出来るか?が勝負になります。

私は毎週図書館で何冊も本を借りますし、毎日新聞で最新情報を仕入れます。そして、更に分からない事はすぐにインターネットで調べます。そうやってどんどん知識を頭に詰め込んでいっています。

知識があればあるほど、知恵を絞る際に有利になります。

だから知識が大切なのです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

知識と知恵と私

おはようございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

今日は平松愛理の歌のようなタイトルですが、内容は全然違います。むしろ、知恵と知識で良かったのですが、何となく私を加えました(笑)

皆さんは知識と知恵の違いが分かりますか?

辞書で調べると、

知識・・・知ること。認識・理解すること。また、ある事柄などについて、知っている内容。

知恵・・・物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。

といった事が書いてあります。

簡単に言うと、知識は自分が「知っている事」です。学校や新聞、本やニュースやセミナー等、外部から得るものです。それに対し、知恵というのは「考える事」です。自分の知識を有効活用する方法を考える事、自分の内部から出すものです。

よって、学ばない人は知識が増えませんし、考えない人は知恵がつきません。

いくら経験があっても、ただぼーっとしていた3年の経験と、常に学び、常に考え続けた3年は天と地ほどの差がつくのです。

私は既に40年以上生きましたが知らない事ばかりです。

毎日毎日新しい事を知りますので知識はどんどん増えていきます。(忘れてしまう知識もあるので、いってこいかもしれませんが・・・)

この知識を使って、毎日毎日知恵を絞っていますので、新しい知恵を出す事が出来ます。

同じ期間、同じ事を経験するならば、知識を得て、知恵を絞って、計画よりも、もっと大きな結果を出したいと思いませんか?

以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

レシポンシブの重要性

今日は番外編です。

先月にGoogleから発表があったモバイルファーストの考えについてです。

Google社ではGoogle検索を利用しているユーザーのほとんどはモバイル端末から利用をするようになったのに関わらず、Googleのランキングシステムは主にデスクトップ版のコンテンツを利用してユーザーとの関連性を評価している。しかし、Googleは既にモバイルファーストインデックス登録に向けた実験を開始しており、将来的にはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになるとの事でした。

どういう事なのかと言うと、パソコン版のホームページとスマホ版のホームページを別々に作っている会社の場合、今まではパソコン版は内容を濃くして、スマホ版は軽量化しているような場合であっても、検索順位はパソコン版で判定しているので、内容が濃いとGoogleは判断していたのに、実際はスマホで見てるので内容が薄いホームページを見ている。というミスマッチが起きてしまっているので、スマホ版をメインに順位を決めるように変える予定だ。という事です。

パソコン版とスマホ版の両方を対応する為に出来る手法は3つあります。

1.PC版とスマホ版の2つのサイトを作り、リダイレクトで対応する

2.ダイナミックサービングで振り分ける

3.レシポンシブウェブデザインにする。

それぞれ特徴があり、PC版とスマホ版の2つのサイトを作った場合、それぞれのブラウザに最適化されたデザインを作る事が出来る為、内容を変える事が出来る。内容を変えた場合は、別サイトと認識される為、Googleからはサイトボリュームが大きいと判断される。(同じ内容だった場合はコピーと思われて減点されるので、canonical属性で最適化する必要あり)

ダイナミックサービングは同じURLでPC版とスマホ版を使用する事が出来るので、2つのサイトを作るという手間はかかるものの、別サイトだと思われずに内容を変える事が出来る、ある意味理想的な手法です。

レシポンシブデザインはCSSを共通で使用出来る様に組むのでデザイン的に限界はありますが、1つのURLに対し、1つのhtmlしか存在しないので、更新の際に2つのサイトを触る必要がなくなり保守・運用がダイナミックサービングや従来のPC版・スマホ版の振り分けサイトの半分程度で済みます。

ここで勘のいい人は気付くと思いますが、Googleのアルゴリズムが変更された場合、レシポンシブの人はほぼ影響を受けないですが、ダイナミックサービングなどスマホ版をスマホ用に作ってたサイトは全て何かしらの影響を受けます。

なぜなら、今までの評価はPC版での評価であって、スマホ版ではなかったからです。レシポンシブの場合は情報量にほぼ差がないので、影響は受け辛いです。

よって、これからWEBサイトを作る会社、スマホ対応する会社はレシポンシブウェブデザインを採用する事を強くおススメします。アクティブコーポレーションのホームページは現在リニューアル対応中ですが、レシポンシブウェブデザインを採用しています。

完成したら、こちらでも紹介させて頂きます。

以上です。

5分前行動

おはようございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

私事ですが、本日よりバイクにて出勤しております。

え?今までは?と言われるかもしれませんが、私は東京で20年近く暮らしていましたので、車社会に慣れておりませんでした。東京では車より、電車の方が早く時間通りに動けますので、車は必要ありませんでした。しかしながら友人から豊橋は車が必要だよ。と言われておりましたので、1台は購入したのですが、予算と駐車場の関係で一台だけでした。

我が家では家内が子供の保育園の送り迎えや食事の材料の買い出し等をしておりますので、車は家内が使い、私は徒歩で出勤しておりました。

私の自宅からアクティブコーポレーションまで徒歩で50分前後かかります。最初の頃はいい運動になると思っていたのですが、流石に寒くなってきてからというもの、徒歩が苦痛に感じるようになってきていました。

私は常に5分前行動を意識していますので、出社の際も変わらず早めを意識しています。その結果、30分近く前に会社に到着し、清掃などをしてからブログを更新し、始業時間前に仕事に着手します。歩いて来ているから遅刻したなんて事は一度もありません。

なぜならば、会社でいう所の始業時間はお店で言う所の開店時間です。

開店時間にお店に着いていたら開店する事は不可能です。

だからこそ早めに動き出す必要があるのです。

集合時間丁度に着くのではなく、集合時間には動き出せるように準備する事が大事だと思っています。

私は今まで始業時間の1時間20分前に家を出ていましたが、今日は40分前に家を出ました。なんと40分の短縮です!!!朝の40分はデカいです!!会社の先輩に借りたバイクのおかげで通勤が1000倍楽になりました。日々感謝です。

耳が脳を育てる

おはようございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

日曜日ですが元気に更新しています。

私は平日にあまり時間が避けないので、休日である土曜日に平日に撮り溜めていたテレビなどを纏めて見るようにしています。その中で「ほんまでっかTV」という番組で子供の脳についての話があったので興味深く見ていました。

その番組では知性は母親からの遺伝に強く影響を受けるとか、赤ちゃんは1歳児で文法を理解している。かまってくれている人の感情は7カ月で理解出来る。などなどありました。

私には先月2歳になったばかりの子供と小学3年生の子供がいますので、こういった話は興味津々です。

私の家では家族全員が本が好きなので物凄い勢いで本を読みます。中でも小学校3年生の子供は1週間で10冊の本を読み、最近では歴史に関しては私以上の知識があり、対応に困る事がしばしばあります。昨日は野口英世でギリギリな私に対して北里柴三郎の話をしてくるのでお腹いっぱいになってしまいます(笑)

なぜ本の話を出したかというと、赤ちゃんは脳は耳から得た情報で発達するという、ほんまでっかな情報を得たからです。

目で見たもの、手で触ったもの、口で食べたもの、鼻で嗅いだものよりも、耳で聞いたものが脳を一番刺激するのだそうです。幸いにも私の家は全員本が好きなので2歳になったばかりの子供も、赤ん坊の頃から沢山の本を読み聞かせしていました。家に200冊以上の子供向けの本がありますが、それでも足りず毎週図書館に行って本を借りています。最近は猿蟹合戦がブームでここ2週間くらい1日に3回か4回は読んでくれと言われ読んでいます。私だけではなく家内も9歳の息子も読みますので、2歳になったばかりなのに、毎日のべ10冊以上の本を読んで貰っている事になります。

脳の発達こそ止まっていますが、脳が刺激を受けるのは大人でも変わりません。人から色々な話を聞いて脳が動き、新しい発想が生まれるのならば、色々な人に色々な話を聞きたいと思ってしまいます。

私は話上手を目指しつつ、聞き上手を目指してみよう!と決意しました。

以上です。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

規則正しく生活する

おはようございます。土曜日ですね。

アクティブコーポレーション採用担当です。

先週、先日私の子供が受けた全国統一小学生テストの結果が返ってきました。テストを受けた際に2~3週間後に結果を郵送します。と聞いてはいたものの、早く結果が見たいと思ってしまうのが人間です。私は2週間経った日から3日に1度くらい塾に電話を掛け、結果は出ましたか?と聞いていました。塾側も迷惑だったでしょう。この場を借りて謝罪します。(絶対に見てないと思いますが(笑)

結果の偏差値は68程度あったので私は満足していたのですが、家内は基本的なミスを指摘し、更に上を目指せるように指導していました。熱心だなぁと感心しています。

さて、今日はこのような手前味噌な話をしたいわけではなく、規則正しく生活する事について書きます。

小学生テストの結果と共にアンケートデータが送付されてきました。そのアンケートデータを分析すると、規則正しく生活している子供は学習意欲と学力の双方が高いという結果が出ていました。資料の規則正しくとは「朝食を取っている事、早寝早起きをしている事」という事が基準になっていました。

これを見た時に私は家内に感謝せざるを得なくなりました。

なぜなら、朝食を作っているのも、朝子供を起こしているのも寝かしつけをしているのも全て家内だったからです。

私はこれはいけないと思い、中日こどもウィークリーを子供と一緒に読みました。何かしなければ!と思った結果、新聞を読むことにしました。しかし、これも東京にいる頃から読売こども新聞を取ったり、愛知に引っ越してきても中日ウィークリーを子供のために取っている家内のおかけだと読み終わってから気付きました。

結果的に手前味噌になってしまうのですが(笑) このような家内を持てて幸せだと心の底から思いました。

今日も1日頑張ります!

以上です。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

やってるふりをする人

おはようございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

今日は少し厳しい話をします。

私はやってるふりをする人が嫌いです。

え?やってるふりって何?と思われるかもしれませんが、意味はそのまま、やってないくせにやってるように見せかける人の事です。

私は以前、無駄な時間は嫌いだと書きました。
意味のない時間は省けるだけ省きたいと書きました。

この真逆をする人がこの世の中には存在しています。

私の友人が経営する税理士事務の職員が、全く作業をしておらず11月末で解雇したと昨日聞きました。少し興奮して電話をしてきた友人は声を荒げて言いました。

「全く仕事してない事にも腹が立つけど、俺を含め3年間誰も気付かなかった事が辛い」と言っていました。

どういう事か詳しく聞いてみると、

その職員は残業代が出ないのに毎日夜遅くまで会社に残っていたそうです。税理士事務所の仕事内容は少し特殊で、給料が安い代わりに税理士になる為の勉強をしてもいい、仕事をしながら現役の税理士から指導を受けながら実践スキルを身に着けられるという仕組みなのだそうです。

であれば、仕事をしていない のではなく 勉強をしていたのでは? と思ってしまうのですが、友人曰くそうではなかったそうです。

勉強したふり、仕事をしたふりをしていただけで、実際は全部人任せで、ただただ時間を稼いでいただけだったそうです。

そんな事が可能なのか?なぜ気付かなかったんだ?と思いました。

彼曰く、事務所内には事務歴の長いスタッフが多数いて、税理士の免許こそないが、税務に詳しい事務員が多数いるそうです。取引先に提出する書類などの最終のチェックや、必要な書類の指示は税理士がしますので、他のスタッフはそのフォローをするような形になっているそうです。その職員も税理士から指示された書類が多数あったのですが、仕事が貯まったからといって他のスタッフに手伝って貰うという事を常にしていたそうです。

実際に税理士になる為の勉強をしながら仕事もするというポジションなので、あまりに複数のタスクがあると、事務員にヘルプをお願いしてしまう事もよくある事なのだそうです。しかしそれは10ある仕事が15になってしまい、自分が頑張っても12までしか出来ないので3を他の人に頼む程度のものだそうです。

友人の事務所はスタッフが10人以上いる大きな事務所なので、1人に対して1もしくは2づつの仕事を任せると、自分の仕事が15になっても全部人に任せて0にする事も可能でした。彼はそれに気付き、スタッフひとりひとりに対し、巧妙に自分が忙しい手が回らないと嘘をつき、仕事を任せていたようです。

なぜ気付けなかったのか?というと、彼は毎日毎日遅くまで会社に残っていたからです。沢山仕事がある、手が一杯だと判断する材料が作業時間だった為に気付けなかったそうです。

つまり頑張っているように見せかけていただけだったそうです。

更に税理士になるのも既に諦めていて、勉強すらもしていなかったそうです。

このことに、勤務時間数が長いという理由だけで、私の友人含め多くのスタッフも気付かなかったそうです。

勤務時間数とこなした仕事量は比例しません。仕事が早い人がやれば同じ10時間でも結果は遅い人と比べ倍以上になる事もあります。特に税務という専門知識の必要となる仕事では、調べながらやる人と、頭に入っている人では結果は大きく変わります。

このような事に皆さんは納得いきますか?

勤務時間が長いという事は、会社に貢献している事とイコールだと思い込んでいる人が多いのでこのような事が起こってしまうのです。勤務時間が長い人が頑張っているというのは誤解です。長ければいいというわけでは絶対にないです。

こんな事がまかり通ってしまったら真面目に集中して仕事をしている人はやる気を失ってしまいます。結果にこだわらず、ただただ長く働いているだけでいい。何もせずにその場所にいるだけで他の人よりいい評価が貰えるなら、そんな楽な事はありません。

だからこんな事はまかり通ってしまってはいけないのです。

頑張っているふりをする人がいると会社全体が迷惑します。

なぜなら、何の結果も出さずにお金を貰えるならば、結果に拘って創意工夫して仕事をするのは損だと思ってしまうからです。ゆっくりと適当に時間を潰しながらやっても長くやっていれば評価されるのであれば、早く沢山の仕事をこなす必要がなくなってしまいます。

自分が仕事が出来ない、会社に貢献出来ないという事だけではなく、一生懸命やっている人がやる気を失うというマイナス効果が出てしまいます。プラスにならないだけでなく、マイナスになってしまうような人は許せるわけがありません。

だから私はやっているふりをする人が大嫌いです。

無駄に仕事に時間を掛ける人を許せないのです。

以上です。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

仕儀はお客様視点が必要

おはようございます!!!

今日も元気なアクティブコーポレーション採用担当です。

今日は顧客目線の話をします。

よく言われるのはお客様の立場になって考えよう。ですね。

お客様の立場に立って考える?って何?どうするの?

そう思うのが普通の反応だと思います。

しかしながら、普段の生活をしていれば、殆どお客様として扱われます。

コンビニにいけば店員さんがお客様だと思ってくれますし、ガソリンスタンドに行けばスタンドのスタッフがお客様扱いをしてくれると思います。

自分がお客様扱いを受けている時は当然ですがお客様視点を持ってます。あの店員愛想が悪いなぁ~とか、声が小さくて聞こえないとか、下手したら教育がなってない!なんて憤る時もあるかもしれません。

会社は何らかの形で全員がお客様と向き合ってます。技術者であっても作ったものがどう使われるのか?を意識しなければならないし、事務であっても提出する請求書や契約書は見易いか?不備はないか?を意識する必要があります。電話対応ひとつでも対応が悪ければ、すぐにあの会社の受付は教育がなってない!なんて言われるかもしれません。

特に営業は直接お客様と相対しますので、より強く意識する必要があります。

皆さん、自分がお客様の時にどういう視点で見てるかを強く意識しましょう。不愛想な顔で仕事されたらどう思うのか?無下に扱われたらどう思うのか?

会社という組織は全員がお客様の為に何かを行っています。たった一人でもお客様なんて関係ないというスタンスで仕事をしていたら、そのお客様からの仕事は無くなってしまうかもしれません。仕事がなくなれば、売上が入らなくなり、売上がなければ会社は運営する事が出来ません。

自分の都合の前に、まず「どう思われるか?」を考える事がサービスの向上に繋がります。サービスの向上は売上の向上に繋がり、それは自身の報酬(給与)の向上へと繋がっていくと思います。

なんてこと無い事でも視点を変える事で大切な事になる事もあります。

顧客目線を意識してみましょう。

以上です。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

すいませんと謝る事

おはようございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

今日は謝るという事について話します。

謝るとはなんぞや?と問われると

自分の非を認めるという事になるのかもしれません。

しかし組織にはおいては自分だけを通す事は難しいです。

よく俺は悪くない!みたいな言葉を耳にします。

例えば、電車の車掌さん。車掌さんがどれだけ真剣に仕事をしていても事故は起きます。勝手に非常停止ボタンが押されてしまって、電車が停止してしまったら・・・。車掌さんはなぜ停止ボタンが押されたのか?点検等をして、発車しても大丈夫なのか?を確認しなければなりません。そうなると、その間電車は止まります。乗車している人は何が原因か?は関係なく、時間通りに電車が動かなかった事に対して憤りを感じます。この時に車掌さんが「俺は悪くない!」と言った所で誰も納得してくれません。結果、「申し訳ありませんでした。緊急停止ボタンが押され、緊急停止しました。点検後異常が無い事が確認されたので発車します。お急ぎの所ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。」と言わなければいけなくなります。

大切なのは自分が何をしたのか?ではなく、相手がどう思うのか?です。

相手がどのような状況になったのか?を考えられなければ、相手と良好な関係は続けられません。

どこに問題があったのか?なぜ問題が発生したのか?ではなく、自分が担当している事に対する責任感として進んで詫びるという気持ちがなければ組織では通用しません。

責任をなすりつけあっていては意味がないのです。

俺が!私が!ではないのです。

以上です。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

 

失敗の対応

おはようございます。

アクティブコーポレーション採用担当です。

今日は失敗について話をします。

ドクターXに影響されているわけではありませんが、
「私失敗しないので」と聞くと、ま、ドラマだからね。
と冷めた感じで見てしまいます。

小学生の頃から天才と呼ばれ、中学高校とエースで4番。そんな人ばかりが集まるプロ野球。しかもそんなプロが毎日毎日野球の事を考え、毎日毎日練習しても、やはりエラーはします。プロ中のプロでも失敗はするのです。

失敗をしないように努力するのは当然の事ですが、それでもしてしまうのが失敗です。だからこそ、失敗をした時の対応が大事になると私は考えています。

私は失敗してしまった時に2つの事をまずやります。

①なぜ、失敗してしまったのか?

②どう対処するのか?

失敗を隠そうとする人がいますが、それで誤魔化してもそれでは再発してしまいます。失敗を繰り返さない為に、失敗の原因を確認します。

しかし、緊急事態の場合は原因の究明は後回しにします。その失敗に対しての対処が先になります。問題によっては個人では対応しきれない時があります。その場合は、上司や同僚にヘルプをお願いしなければなりません。

その際に、何が起こったかを把握していないようではいけないので、対処をしつつどう再発防止するのかを考えます。優先順位は失敗の大小によって変わるかもしれませんが、やらないといけない事はかわりません。

失敗によっては再現出来ない事、偶然の一致がなければ再発しない事もあります。なので、原因が究明出来ないという事もあります。しかし、そういった特別な事でない限り、再発防止の為の対策は取れます。確認ミスだったのか?コミュニケーションエラーだったのか?原因は様々ですが、基本、再発防止は出来ると思ってます。

再発防止の為に必要なのは①です。なぜ起こってしまったのか?を正確に把握する事です。②をする為にも①が絶対的に必要になります。

問題が大きく②の対処が個人では出来ない場合は①を上司に正確に伝える必要があります。誤魔化しや嘘は上司の判断を鈍らせます。出来る限り正確に報告する必要があります。正しい判断が出来れば、対処はスムーズに進み、再発防止も正確に行えます。

原因が曖昧だったり、嘘や誤魔化しが含まれていると、同じ問題が何度も起きるのです。

プロ中のプロでも失敗はします。
失敗をする事が悪い事ではなく、失敗を放置してしまうのが悪い事なのです。

何度も同じ失敗をしないよう出来る事をする。

その為にはなぜそうなったか?を正確に知る必要があるのです。

以上です。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング

輝ける場所

おはようございます。

11月最終週が始まりましたね。

今週も気合い入れていきます!

アクティブコーポレーション採用担当です。

昨日の続きです。というか補足です。

仕事には向き不向きがあります。

何やってもこなせる人も確かに存在していますが、

私を含め殆どの人はそうではないです。

得意分野があって苦手分野があります。

苦手分野を克服してしまう凄い人もいれば、

得意分野を思いっきり伸ばして苦手分野が見えないようにする人もいます。

超一流のビジネスマンはきっとどの分野であっても光り輝くと思います。星に例えれば一等星です。でも、超一流ではない人でも輝ける場所は絶対にあります。

人間関係に苦しみ逃げてしまった人も、違う仲間に出会えれば輝けるかもしれない。

嫌いな上司に無理な仕事を押し付けられて仕事が嫌いになってしまった人も、違う上司に出会えば最高のパフォーマンスを出せるかもしれない。

もし、今輝いていない人でも、環境が変われば輝ける可能性がある!という事を強く言いたいです。

先日、ある営業電話に出ました。
リクナビダイレクトという求人を紹介してくれました。

完全無料で掲載出来る新しい新卒求人との事でした。

担当の方は言いました

「プロのチームは毎年ドラフトで新人を取りますよね?」

「入団試験で集めたメンバーでは限界がありますよ!ドラフトに参加しましょうよ!」

「ルーキーを育ててこそ勝てるチームになるんですよ!」

と・・・・

言ってる事は分かります。その通りなんでしょう。

私は失敗や挫折を繰り返して今に至ってます。

こんな私でもアクティブコーポレーションは拾ってくれました。

でも、そんな私は自分がもう輝けないとか一切思ってません。

むしろ、今が一番油が乗ってると思っているくらいです。

だからこそ、失敗や挫折をした人と一緒に輝きたいと心から思ったんです。

今まで上手くいかなかった、仕事選びに失敗したと思っている人にキャリアを活かした自分の得意分野を発揮出来る場所を一緒に探したいと思ったんです。

一流じゃなくなってやれる事はいっぱいあると思います。

もう一回やってやるぜ!っていう熱い人は、ぜひともアクティブコーポレーションにご相談ください!!宣伝チックな内容になってしまいましたが、ガチで一緒に仕事探ししますから!!

仕事探しはアクティブコーポレーションで!!

よろしくお願いします!!!

輝く星になれ

日曜日なのについつい書いてしまっています。

アクティブコーポレーション採用担当です。

昨日、長野県の阿智村に行ってきました。

日本一の星空が見える場所です。

私は先月まで東京で仕事をしていました。

東京では星はほとんど見れませんでした。

見れたとしても1等星と呼ばれる星くらいです。

しかしここでは見えなかった星が沢山見えました。

同じように光っている星なのに、ある場所では見えて、ある場所では見えないのです。

人間も同じなのかもしれません。

同じ人が同じように頑張っているのに、ある会社では輝けて、ある会社では輝けない。全く同じ能力なのに。

私は採用担当としてまだまだ未熟ですが、最大限の努力をして、アクティブコーポレーションの仲間が輝いてくれる場所を探そうと思いました。

ちょっとクサくてすいません(^-^;