お礼の大切さ

皆さんは誰かからプレゼントを貰ったらお礼を言いますよね。

私も先日引っ越しをしまして、友人から引っ越し祝いを頂いたのでお礼を言いました。

お礼というのは感謝の気持ちを表す事です。

何かを頂いたり、何かをして貰った時は必ずお礼を言った方がいいです。

例えば、こちらからお願いをして時間を作って貰った時、会って貰った時もやはりお礼の対象になります。相手の人がこちらの為に自分の時間を割いてくれたのですからお礼を言わなければなりません。

時には会って貰ったとしても何もメリットがない時もあります。会うだけ無駄だったと思う時もあるでしょう。しかし、それでもお礼を言わなければなりません。何故ならば、相手は何の得があるのかも知らず、何のメリットがあるのかも知らないのに時間を割いてくれているからです。こちらが会うだけ無駄だったと思ったという事は、相手はもっと無駄だったと思っている可能性が高いです。

また、回数も気よ付けた方がいいです。

初対面の頃はお時間頂きありがとうございます。とお礼を言っていたのに、回数が増えてくると当たり前になってしまいお礼を言わなくなってしまう事があります。

お礼とは感謝の気持ちを表す事です。

何かを頂いたり、何かをして貰った時には必ずお礼を言いましょう。

何度も同じ事をして貰ったとしても、それは決して当たり前ではないのです。お礼を言わないという事は感謝の気持ちが薄れているという証拠になります。

お礼を言う事はとても大切な事です。

常に気配りをし、お礼を言い合える関係が長く続く事はとても幸せな事です。アクティブコーポレーションはいつでも何度でも、できるだけ早くお礼が言えるように、私は率先してお礼を言うように心がけます。