お金の使い方

おはようございます。

今日は少し趣旨を変えてお金の節約の話をします。

お金を使う時に計画が無ければお金はあればあるだけ減っていきます。どれだけ稼いだとしても、稼いだ分だけ使えばお金が増える事はありません。

日頃から貯める、蓄えるという習慣が無ければ、どんなに収入が増えても決して楽な生活は出来ません。

私は学生時代にアルバイトをしていました。ピザを配達するアルバイトです。学生時代に2輪車が欲しくて中古ですが26万円が必要でした。学校が終わってからしかアルバイト出来ませんでしたので夜の時間帯しか働けませんでした。毎晩ピザを運び、土曜日も日曜日も出来る限りアルバイトをしました。それでも貰えたお金は月に10万程度でした。私はこの10万は一切使わず3カ月貯め、そのお金で晴れて400CCの2輪車を買う事が出来ました。

次は車が欲しくなりました。こちらも中古でしたが150万くらいする4WD(ハイラックスサーフ)の為にお金を貯める事にしました。しかし、こちらは2年経っても全く貯まりませんでした。

次から次へと欲しいものが出てきた為、そちらを先に購入してしまい、目標としている車の購入資金が貯まらなかったのです。

当たり前の事ですが、欲しいものを欲しい時に買っていてはお金は貯まりません。

物を買う時に必要なのは、本当に必要か?を判断する事です。本当に必要なものは大事にします。初めて買った2輪車は学生時代はずっと乗っていました。雨の日も風の日も乗っていました。大事に大事に乗っていたのです。

よくお金を借りて欲しいものを先に手にいれる人がいます。

借りる事を否定するわけではありませんが、よく考えて欲しいとは思います。それは本当に必要なものなのか?今すぐ必要なのか?

欲しいものを次々と買っていてはお金は貯まりません。

借りてしまったお金は返さなければなりませんので、返している間はお金は貯まりません。

物を買う時には、本当に必要なのか?を常に考えなければいけません。お金を大切にするという事は本当に欲しいものを見極める事なのかもしれません。

そして、お金が無ければ欲しい物があっても買えないという事を覚えておいて下さい。そういった気持ちがなければ、どんどんお金を借りて、無駄な買い物をしてしまいます。

お金は使わなければ貯まるんです。

使う計画を立ててみて下さい。

以上です。