ホウ・レン・ソウ

おはようございます。
アクティブコーポレーション採用担当です。

ビジネスのフレームワークでよく使われるのは「ホウレンソウ」ですね。

ホウは報告、レンは連絡、ソウは相談を指していて、
ビジネスにおいては、報告する事、連絡する事、相談する事が大切だとよく言われます。

ひとつひとつ取り上げていくと

報告は、上司からの業務指示、業務命令に対し経過や結果を知らせる事です。よって、報告は部下から上司や、後輩から先輩にする。という流れになります。

連絡は情報を関係者に伝える事です。連絡には自分の憶測や個人的な意見は必要ありません。これは誰もが発信者になりえますし、誰でも受信者になります。

相談は判断に迷う時や、自分の意見を聞いて貰いたい時に他人に参考意見を聞いたり、アドバイスを貰ったりする事です。一人で悩んでいても活路がなかなか見出せない時は必須になります。
なぜ、これらがビジネスのフレームワークとしてよく使われるのか?というと、ホウレンソウが出来ていないとマイナスになる事が非常に多いからです。

「マイナスになる」では少し曖昧なので、単刀直入に言うと損失が出てしまうからです。

報告を怠ると、上司は管理コストが上昇します。
的確に報告されていれば、問題ないことでも、報告がなければ上司は不安になり、ヒアリングしなければなりません。

連絡を怠ると関係者はスケジュールが組めなくなります。遅刻や欠席の時に連絡していれば、事前に対処出来た事も連絡がなければ対処出来なくなる事もあります。

相談を怠ると無駄が増えます。相談してから業務をすれば問題なかった事も、自分勝手に行ってやり直しになる事もあります。

わざわざ言う必要がない。と勝手に自己判断してしまってホウレンソウを怠る事によって、無駄な損失が出るのです。
損失はお金だけではありません。時間という大切なものが奪われるのです。

だから報告と連絡と相談は大切なんです。