Johann Wolfgang von Goethe

皆さんゲーテをご存知ですか?

タイトルが長ったらしかったですが、「ヨハン・ウォルフガング・フォン・ゲーテ」と書きました。

ゲーテはドイツの詩人であり、小説家でした。数々の名作と共に、数々の名言を残しています。

今日はゲーテの紹介と共に、採用担当の考え方を書こうと思います。

 

ゲーテには名作が沢山あり、中でも「格言と反省」「ファウスト」は心を打たれます。

また、私が好きな格言の中に

苦しみが残していったものを味わえ!
苦難も過ぎ去ってしまえば甘い。

という格言があります。

人と人が関われば、うれしい事も悲しい事も沢山ある。
そして辛い事や苦しい事だってあると思う。

それをしっかりと味わい、自分の糧とするならば、
その後、いい思い出となり、成長のキッカケになるのは間違いない。

そう私は解釈してます。

派遣会社の管理職をしていると嬉しい事と悲しい事のオンパレードです。スタッフと手を取り合って喜ぶ時もあれば、応募者に騙され涙する日もあります。何か出来る事を無いかと悩み、考え、全力で手伝う事で喜びを得られる事もありますが、全力で協力しても、ウソで塗り固められた極悪人も中にはいます。先日も2週間何も食べてません、水しか飲んでませんでした。と相談に来た応募者に親身になって対応したのですが、出会って3日目にはアクティブの寮にゴミだけ残し、立ち去っていました。大きな絶望と共に悔しさが込み上げてきました。

一月経った今ではいい思い出となり、自分の糧になりました。

辛い事や悲しい事から逃げる事も出来ますが、逃げずに受け止める事で成長のキッカケになると心の底から思います。

 

また、別の格言で

大切なことは 大志を抱き
それを成し遂げる技能と忍耐とを持つことである。
その他は何れも重要ではない。

という格言があります。

今の私は忍耐力はそこそこありますが、技能が足りません。圧倒的経験不足です。派遣業に携わり、間もなく1年が経とうとしていますが、知識と経験の乏しさが際立っています。

組織を大きくしたいと思えば忍耐力は不可欠です。問題は日々起こります。人が増えれば増える程、多種多様な問題が起こります。なので、いちいち立ち止まっていては問題が山積みになってしまいます。私には大志がありますが、それを成し遂げる為にはまだまだ知識が浅く、スキルが低いのです。知識が無いものは勉強して得るしかありませんし、早く経験を積みたいと思うのならば、人の倍やれば、倍の経験がつきます。結局やるしかないのです。

 

ゲーテに学び、残り数ヶ月を走りぬけ、終わってみればいい1年だった!と言えるようにしたいです。

よーーし、頑張ります!

 

以上です。