私が派遣に闘志を燃やす理由

WEB広告事業で一旦成功を収めた私は、今後一生WEB広告の業界で生きていくものだと思っていました。工場は機械化が進み人件費の削減が進みます。飲食店もなるべく人件費を減らす為に注文を機械で行う所も増えています。この度、あるファミリーレストランでは会計も機械で行うという試みが発表されました。Amazonという巨大企業の登場でブックストアはどんどん減少し、更にロボット化(キバ・システム)の登場により物流分野でも人件費の削減が進んでいます。Amazonだけでなく、楽天やYahooなどのネットショップは多くの小売店の売り上げを吸い上げていきます。人間が働く仕事は機械にどんどん奪われていっているのは否定出来ない事実です。

そんな中でもスマートフォンの普及により、身近にインターネットが使える環境がある現代では、インターネットによるサービスは拡大し続けています。それによりWEB広告業界は更に進化を続け、よりやりがいのある仕事へと進化しました。

しかし、私は今、派遣会社で採用担当をしています。そこには闘志を燃やす理由があるのです。

WEB広告は見た人を惹きつけるインパクトのあるキャッチフレーズと、文字だけでアピールポイントを伝える文章力が必要になります。情報は常に最新情報を入手する必要があり、ユーザーが何を求めているのかというマーケティングを行い続ける事が必要です。

私は稚拙な文章しか書くことが出来ませんが、出来るだけ分かり易く伝えられないか?という事を日々研究しています。

そんな私が派遣会社の求人に闘志を燃やす理由は「ありがとう」というキーワードです。
人材不足で本来出せるパフォーマンスが出せないでいる企業様からは「いい人材を紹介してくれてありがとう!」と言って頂き、仕事を探している人材からは「いい仕事を紹介してくれてありがとう!」と言って頂けます。ひとつの仕事で2回もありがとうが貰える仕事なのです。

常に一方の方向だけを見つめるサービス業とは違い、両方向を見続けるデリケートなこのビジネスは私のやる気スイッチを強烈に押してくれました。私はWEBから応募者に強烈にプッシュすると共に、クライアントと良好な関係を築けるよう誠実かつ迅速に対応したい!と闘志を燃やしています。

私は派遣というお仕事で「ありがとう」を集めると共に、更なるWEBサービスを生み出していけると確信しています。

今後とも宜しくお願い致します。

以上です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

このブログは人気ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。