想う力

日本IBMで2000年まで営業をしておられた営業コンサルタントである「権八成樹」さんの書いた本「花を売らない花売り娘の物語」という本をブックオフで入手しました。

私は時間があると本を読む本の虫なのですが、その大半は中央図書館とブックオフから入手しています。今回入手したこの本は「花屋さんは花を売っているのではなく、花を贈る喜び、そして花を貰う感動を売っている」と書いてありました。

この本では、人は花が欲しくて花屋に訪れているのではないのだから、花という商品で他店と差別化を図ろうとしても花の違いには大差はないので正直難しい。ならば花を売るのではなく、お客さんが何を求めてお店に来たのか考えると書いてありました。

病院に見舞いに行く人、パーティーに出席する人、母親の誕生日に花を贈る人、 気分転換しようと部屋の中を明るくしたいと思っている人など、花を買って心を豊かにしようとしているのであろうと考えたのです。お客さんの想いが分かれば、それに合ったコーディネートが出来ると考え、お客さんが求める心を満たす事で感動が与えられると書いてありました。

権八成樹さんは、IBMというハイテク企業にいたことを文字って、データ分析などの机上のハイテク・マーケィングではなく、 顧客に感動を与える方法をハイタッチ・マーケィングと呼んでいました。非常に興味深い考え方でした。

営業マンには仕事に対する想いに差があります。

先日書いた聴く力に関しても、相手の様子を感じ取ったり、その場の雰囲気を感じ取ったりすることも「想う力」のひとつのような気がします。

 

私が考える「想う力」とは、その中の「他人の感情を認識する力」も含まれるますが、それは一部であると考えます。私が言う「想う力」とは、 簡単に言えば感じ取る力と想像力です。

おもう という言葉には、”想”という漢字と”思”という漢字があります。片方は”相手”をおもう心と書き、一方は”田”つまり自分自身の心の在りようと書きます。

字から判るように”想う力”とは、自分の心の中ではなく、外にあるものを考えることなのです。想像することにしても、 自分の経験にはないものを描き出すことです。ちなみにこの二つの漢字をあわせると”思想”という言葉になりますが、この”思想”とは、こうあるべきという理想の姿を想像し、自分のポリシーとして思い続けることと考えられるのではないでしょうか?

「想う力」がある人は、想像する能力が高いです。想像する能力の高さは、ふたつの能力の掛け算です。ひとつは、 具体的にイメージできる力、そしてもうひとつは、素早く察知する力です。

例えば、接待や接客で考えてみると、「想う力」が乏しい人は、相手に会話をあわせることができなかったり、 お酒のグラスが空のまま放ってあったり、相手が時計を気にしているのにダラダラと話を続けたりします。「想う力」がある人は、気づかいがあり、時にはユーモアがあり、相手や場と共有・共鳴することができます。 だから相手から評価を受ける事が出来ます。

 

先日、上司よりスタッフの対応について指摘されました。スタッフの対応を丁寧にし過ぎると他の社員と差が出てしまい、担当が替わる時に不満が出てしまい退職に繋がるので、ある程度の線を引いて欲しいという指摘でした。

私は首を横に振りました。

私は上司に「もし、自分が対応する事によって、自分自身に無理が出て、それによって業務が円滑に行えない状況になるならば修正しますが、自分自身が必要だと考えて対応する事については自由にさせて欲しい」とお願いしました。

私はヒラ社員で単なる採用担当かもしれませんが、志はかなり高い所に置いています。応募した人がこれ程までに自分の事を考えてくれるのならば、この人に任せてみよう!と思って貰える対応をしたいと思っています。

私は仕事を紹介する事が仕事ではなく、仕事を通じて感動して貰いたいと思っているのです。子供が小さくて思い通りに働けない人も、腰が痛くて今まで持てていたものが持てなくなってしまった人も、突然の不幸で急に生活が変わってしまった人も、どんな人でも生活が豊かになる可能性があるのならば、一緒にその可能性に向かって歩みたいのです。あの人に会って人生が変わったと言って貰えるような対応が出来ないか?と常に考え続けているのです。

だから信念は曲げませんでした。上司も、距離感は任せる。と背中を押してくれました。

想う力が高い人は、商品を売るのではなく感動を売れるのだと思います。私はもっと自分を高めて感動を売りたいとこの本を読んで思いました。

そしてこういった「想い」は管理職にこそ必要な能力ではないかと同時に思いました。管理職の「想う力」が高ければ、部下のことを想い、部下を感動させることが出来ると思います。 部下を感動させることができる管理職がいる織は極めて強いです。自分本位の管理職は、「想う力」に乏しく、そのような管理職に叱られると、部下は不満にしか感じないので、人が離れて行きます。 そして、次第にその組織は崩壊に向かいます。

管理職が部下を想い、部下を指導し、軌道修正をしつつも部下の背中を押してくれるような組織ならば、部下はより高いパフォーマンスを発揮するのではないでしょうか?

ハチタッチマーケティングからは学べる事が沢山あると思いました。

以上です。