自分でやる?やらされる?

医者をしている同級生とお酒を飲んでいた時、

愚痴や相談、色々な昔話や本当にあった体験談などを語り合いました。

業種が違えば考え方も違いますし、見方も違います。

今日はその中で、凄く心に残ったものを紹介しようと思います。

 

医師というのは医学を学び、それを活用する職業です。

病気には原因があり、そして結果があります。治療法もこれ!というものだけでなく、複数がありますが、実はそれらは全て過去の例から成っているそうです。過去の症例、過去の治療の報告などなど。しかし中には前例の通じないものがあったり、更には前例の無いものもあるのだそうです。

そして過去の症例を勉強すると共に、彼は心理学も勉強したそうです。「病人の気持ちは病人にしか分からない。しかし、俺たちは分からないで済む職業ではなく、常に早く治してあげたい。分かってあげたいと思わないといけない。」そんな事を語っていました。熱い男です。

彼が言うには、病は気からというのは本当にあるのだそうです。

病気になった際に、自分が原因で病気になった場合と、人が原因で病気になった場合では治る速度が違うと語っていました。

例えば、交通事故で入院した患者がいたとします。自分が原因で骨折してしまった。会社に迷惑を掛ける・・もしくは学生であれば、早く友達に会いたい、部活に復帰したい。こんな事を考えている患者は早く治るそうです。

しかしながら、誰々のせいで僕は骨が折れてしまった。自分は悪くないのに、どうしてこんな目に合うんだ。こんな考えの人は治りが遅いのだそうです。

人の心理には潜在的なものが多くあり、治ろう!という気持ちが強ければ強いほど、自分自身の治癒能力が向上すると彼は語っていました。

こんな話を聞き、私も色々な関わり方で企業に携わった経験から、人材について少し語らせて貰いました。

会社の中でも成長が早い人と遅い人がいます。同じ時間、同じ事をしていても速度が異なります。学歴が高く、コミュニケーション能力が高くても、成長の速度が早い人や遅い人が存在してしまいます。本人のやる気を聞いてみても、「やる気ありません」などと言うわけもなく、「頑張ってます!」「やってます!」「もっと出世したいです!」「もっと給料が貰いたいです!」と言います。

では、いったい何が違うのでしょうか?

私の超個人的な考え方になってしまいますが、この差は、参加してるか?してないか?これにつきると思います。

仕事に参加してる?ってなに?と思われる方が多いと思いますが、決して意味不明な発言をしてるわけではありません。

同じように会社にきて、同じような仕事をしていても、参加している人としていない人が実際に存在していると私は思っています。これは仕事に対する姿勢と言い換えられるのかもしれません。仕事は、自分がしなければならないものと、誰かがやってくれるものと思っているかどうかで大きく変わります。動きが全然変わってきます。

自分が休んでしまっては、回らない。それを誰かが代わりに出来たとしても迷惑がかかると考えられる人、そういった人は有給休暇を取っても、仕事が気になって会社に電話をかけてみたり、ともすれば、会社に顔を出してしまうかもしれません。自分で考え、自分の仕事について真剣に考えた結果、そうなってしまっている人が存在します。

しかし、その逆の人もいます。仕事は誰かのお手伝いだと思っているような人です。自分のやるべき事はここまでと線を引いてしまうような人は、自分で仕事をしている!というよりは、やらされている感が出ています。こういった人は、仕事での結果は自分が変えるものではないと考えています。実際に参加している人が結果を変えるのであって、それは自分ではない。自分が何かをやれば結果が変わると思わず、結果は会社の方針であったり、上司の采配であったり、作業を振る側の問題だと常に思うような人です。

作業量が多い、説明が足りない。指導が曖昧。任せて貰っていないと感じる。こういった事を考える人は超個人的な見解ですが、参加しているとはいえないと思います。

会社の規則だから、決まりごとだから。上司に言われたから。先輩に言われたから。。。。と、自分に責任があるのではなく、基本的に全てを他人の責任と考えてしまいます。

具体的な例を出すと、
求人広告で人が応募して来ないのは媒体が悪い。
応募者がいるのに採用出来ないのは採用担当、面接担当が悪い。
人を紹介しているのに派遣させて貰えないのは取引先が悪い。
スタッフがやめてしまうのは会社の制度が悪い。もしくはスタッフそのものが悪い。

全てが全てではないですが、他人の責任にしようと思えば大体の事が他人の責任とする事が出来ます。

ただ、ひとつ確実に言える事は、仕事でも遊びでも、自分でやるのと、他人にやらされるのとは全くと言っていい程、意識が違います。

自分でやるのは楽しいですが、やらされているものは楽しくありません。

自分でやるゲームは楽しいですが、人から強制的にこれをレベル10にしてください。それ以外は考えなくていいです、とゲームを任されても、ただただゲームを進めるだけで、何かをクリアしたい、達成したいと思える事もなく、はぁ・・・なんでこんな事してるんだろ?と思うだけだと思います。

 

病は気から・・・といったように、仕事も気から ではないでしょうか?

言われた事をただやるのではなく、こうすればこうなるかもしれない。もっとこうすれば、もっとこう・・・とワクワクしながら仕事をしてみると、何やら楽しいものになってくるかもしれません。

会社のここがだめ、こういう所が・・・・と思っているのではなく、こうすれば、こう変わるかもしれない。こうするためにはどうしたらいいんだろ?なんて考えて仕事をすれば、もっともっと楽しくなってくるかもしれません。

自分でやるのか?

それとも、やらされるのか?

 

仕事への関わり方は 気持ち次第 です!(多分)