SEO対策についての纏め

SEO対策について少し書きます

SEO対策はGoogleの解析の進化により、どんどん進化していっています。

Googleは検索する人が何を調べたいのか?を予測する事で結果を変えていっています。

だからこそSEOの本道は、検索している人が何を知りたいか?に誠実に答えるサイトである必要があるのです。

続きを読む

ロングテールSEO

おはようございます。アクティブ採用担当です。

今日はSEOの施策の中のテクニック「ロングテールSEO」について書いてみます。

ロングは長い、テールは尻尾ですね。長い尻尾のような対策の事をロングテールSEO対策と呼びます。

SEOは検索されやすいキーワードを狙って、上位表示されるのが基本です。

続きを読む

レシポンシブの重要性

今日は番外編です。

先月にGoogleから発表があったモバイルファーストの考えについてです。

Google社ではGoogle検索を利用しているユーザーのほとんどはモバイル端末から利用をするようになったのに関わらず、Googleのランキングシステムは主にデスクトップ版のコンテンツを利用してユーザーとの関連性を評価している。しかし、Googleは既にモバイルファーストインデックス登録に向けた実験を開始しており、将来的にはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになるとの事でした。

どういう事なのかと言うと、パソコン版のホームページとスマホ版のホームページを別々に作っている会社の場合、今まではパソコン版は内容を濃くして、スマホ版は軽量化しているような場合であっても、検索順位はパソコン版で判定しているので、内容が濃いとGoogleは判断していたのに、実際はスマホで見てるので内容が薄いホームページを見ている。というミスマッチが起きてしまっているので、スマホ版をメインに順位を決めるように変える予定だ。という事です。

パソコン版とスマホ版の両方を対応する為に出来る手法は3つあります。

1.PC版とスマホ版の2つのサイトを作り、リダイレクトで対応する

2.ダイナミックサービングで振り分ける

3.レシポンシブウェブデザインにする。

それぞれ特徴があり、PC版とスマホ版の2つのサイトを作った場合、それぞれのブラウザに最適化されたデザインを作る事が出来る為、内容を変える事が出来る。内容を変えた場合は、別サイトと認識される為、Googleからはサイトボリュームが大きいと判断される。(同じ内容だった場合はコピーと思われて減点されるので、canonical属性で最適化する必要あり)

ダイナミックサービングは同じURLでPC版とスマホ版を使用する事が出来るので、2つのサイトを作るという手間はかかるものの、別サイトだと思われずに内容を変える事が出来る、ある意味理想的な手法です。

レシポンシブデザインはCSSを共通で使用出来る様に組むのでデザイン的に限界はありますが、1つのURLに対し、1つのhtmlしか存在しないので、更新の際に2つのサイトを触る必要がなくなり保守・運用がダイナミックサービングや従来のPC版・スマホ版の振り分けサイトの半分程度で済みます。

ここで勘のいい人は気付くと思いますが、Googleのアルゴリズムが変更された場合、レシポンシブの人はほぼ影響を受けないですが、ダイナミックサービングなどスマホ版をスマホ用に作ってたサイトは全て何かしらの影響を受けます。

なぜなら、今までの評価はPC版での評価であって、スマホ版ではなかったからです。レシポンシブの場合は情報量にほぼ差がないので、影響は受け辛いです。

よって、これからWEBサイトを作る会社、スマホ対応する会社はレシポンシブウェブデザインを採用する事を強くおススメします。アクティブコーポレーションのホームページは現在リニューアル対応中ですが、レシポンシブウェブデザインを採用しています。

完成したら、こちらでも紹介させて頂きます。

以上です。