予算が少ない方が知恵が出る

2月になりましたね。あっという間に1月が終わってしまいまいた。

昨日、社長より豊川単独で広告の予算を組んでみるか?と尋ねられました。私は2つ返事で「はい!」と答えました。

予算は多くは取れないですが、0と10では天と地ほども違います。私の勝手な考えですが、予算が多い時よりも、予算が少ない時にこそ知恵が出て、モアベターなものが生み出されます。

創意工夫が苦手な人に広告を任せると10人中10人が値段で勝負します。私ども派遣業界ならば時給でしょうか?

時給100円アップ!だとか入社祝い金2万円!だとかをうたい文句にして広告効果を高めようとします。これは何の工夫もありません。他社よりも利益を削っているのに広告効果があった!と胸を張ります。他社と同レベルにするのは競争として正しい形ですが、他社より利益を削ってしまってはいけません。

商品を売っている営業ならば値下げでしょうか?1割引です!2割引です!といつもより安く売る事で営業した気分になってますが、値引きした分の利益を確保する為にいつもの何倍も売らなければならなくなります。何倍も売れるような大企業ではない中小企業がこの戦略に走ってしまってはランチェスターの法則により、負けしか待っていません。

知恵を出すという事は簡単な方法へ逃げる事ではなく、別のサービスで更に魅力を増す事を考える事です。そういった意味では、予算は多いより少ない方がいいです。予算が多いと楽な方法でも結果が出るので知恵を絞りません。安易な方法に逃げるのではなく、真正面からぶつかって勝ち取る方が会社としての力が上がります。それはそのままブランド力になるのです。

ランチェスター戦略でいえば、当社のような中小企業は大企業のような戦略を取っていては勝てませんので、大企業が大資本を投入しても利益が出ない隙間で勝負する事が必須になるのです。

企業としてのブランド力が弱いのならば、それを利用して大企業が出来ない事をやっていかなければいけないのです。その為に知恵を絞り、活路を見出す事が必要になるのです。

限りある予算を有効活用して、大企業が勝負出来ない分野、手を出さない分野で勝利を収めたいと思っています。

あまり書き過ぎると他社にパクられるかもしれませんので(笑)この辺にしておきます。

2月は人の動きが少ない月ですが、ここで勝負が出来るならば、3月、4月と更に結果が出せると思います。頑張ります!

以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私にポイントが入ります。ポイントが増えるとランキングがアップし、私のモチベーションがアップします(笑) ご協力頂けると幸いです。

➡ 人気ブログランキング