読書をしましょう

おはようございます。アクティブコーポレーション採用担当です。

突然ですが、皆さん読書してますか?

多分なんですが、読書しない人に読書してますか?と聞くと決まって「時間がないから」とか「忙しくて中々出来ない」って答えます。

でも、読書しない人は多分時間があっても読書しません。あくまでも多分ですが。

私は読書は凄く大事な事だと思ってます。なので、最低でも週に1冊は本を読みます。図書館に行くと1人10冊まで2週間貸してくれます。市の図書館なので無料です。

なぜ読書をしているか?と言いますと、現実では体験出来ない事を読書によって疑似体験出来るからです。DVDなどの映像とは違い、読書は読みながら頭の中で想像します。その想像が疑似体験に繋がるのです。

読書は人と話す時にも役立ちます。もちろん、文章を作る時にも役立ちます。何がいいか?と言いますと、話の流れというか、筋道を立てるのが上手になります。そして表現力も上がります。ただ寒い。というだけでなく、顔の皮膚が麻痺するくらい寒い。などといった相手が想像しやすい表現を使えるようになります。

普段では使わないような表現、普段では聞かないような表現が読書から得られるのです。

昔の人のことわざで【苦労は買ってでもしろ】という言葉がありますが、これは苦労する事だけがメリットではなく、苦労した事によって得られる経験が自分の力になるという意味です。よって、読書でその経験が疑似体験出来るのならば、やはり買ってでもすべきだという事になります。

人間が現実世界で経験出来る事は限られています。

自分の人生を豊かにする為に出来るだけ多くの経験をした方がいいのですが、実際は難しいです。だからこそ、その経験を読書で補うのです。本を通じて様々体験を感じ、様々な表現を学ぶのです。筆者の考え方を知る事で自分自身の幅も広がります。時にはこういった考え方があったのか!という発見もあると思います。

皆さん、出来るだけ本を読んで下さい。

きっと力になります。