ベストとベターの違い

おはようございます。

今日はベストとベターの話をしようと思います。

私は壁にぶち当たると、どうにかして乗り越えられないか?を考えます。何故なら、何かを頼まれた時に反射的に「できない」と言ってしまう人が好きではないからです。だから自分も極力「無理です」とか「出来ません」という言葉を使いません。

と言いましても、「100万貸してくれ」と言われればコンマ1秒で「無理です」と答えます(笑)

話がそれましたが、なぜ反射的に「できない」と言ってしまう人が好きでないかと言いますと、出来ない事が好きではないのではないのです。反射的に言ってしまう人が好きではないのです。

出来ない事を証明するのは実は凄く難しく、出来る事を証明する何倍も何十倍も労力がかかります。なぜなら出来る事を証明するのは、ひったひとつの方法を示せばいいのですが、出来ない事を証明するにはあるゆる可能性を全て否定しなければなりません。

だから、簡単に出来ないと決め付けてはいけないのです。

ベストとベターも実は同じような関係があります。

ベストというのはもっと良いという事です。あらゆる可能性の中で最高という事になります。これは正直証明する事が困難です。困難過ぎます。

これに対しベターは今よりもよい。という事ですので、比べる対象があります。もちろん、更によい方法があるかもしれませんが、今よりも良い方法なのは間違いありません。

人間は完璧ではありません。よってベストを目指すのはハードルが高いです。

だからベターを狙うべきです。

今より良く、もっと良くを常に狙う事でベストに近づけるのだと思います。

今がベスト、今が最高だと思ってしまったら成長は止まります。

まだまだ色々な可能性があります。

もっともっと出来る事があると思います。

今より少しだけ良くなればいいんです。

常に良くしていこう!という気持ちが大切だと思います。

ブログランキングに登録してみました。

クリックお願いします m(_ _)m
➡ 人気ブログランキング