アルバイトと派遣の違い

派遣会社の採用担当っぽい事もたまには書いてみます。

今日はアルバイトと派遣社員の違いをメリットとデメリットと共に書き出します。

1番大きく違うのは給料を貰う先が違うという点です。

アルバイトは仕事をする会社で雇用され、その働いた会社から給料を貰いますが、派遣は派遣会社に雇用され、派遣会社から派遣された先で働きます。働いた先から給料を貰うのではなく、雇用されている派遣会社から給料を貰うという点が大きな違いです。

次に大きく違うのは仕事内容です。

アルバイトは直接雇用されていますので、働いている会社から指示された仕事、任された仕事を行いますが、派遣社員は派遣先と派遣元で取り決めてある契約内容の範囲で仕事をします。例えば、業務内容であったり勤務地であったりは契約で取り決められています。

たまに派遣法を完全に無視して、「検査」という内容で契約しているのに、検査とは全く違う「組み立て」や「組み付け」などの製造を指示する派遣先がありますが、契約以外の業務は契約違反となりますので、派遣元の営業マンは直ちに派遣先に是正の依頼をする必要があります。

このように、就業先での仕事について自分で口から内容の指摘などを行いずらい環境でも、派遣元(雇用されている派遣会社)に相談する事が出来るという点が大きく違う言えます。

 

派遣社員にヒアリングした派遣社員のメリットの1番はやはり中間に入って動いてくれる人がいるという点でした。

派遣スタッフとして働いていると派遣元となる派遣会社の担当者が色々な仕事の相談を聞いてくれたり、キャリアアップの為にキャリアに合わせた新しい仕事を紹介してくれたりします。自分で仕事を探して、自分で面接のアポイントを取ったりする必要がなく、派遣元の営業マンが全てアテンドしてくれるので、任せておけば安心という部分はかなりメリットだと思われます。

また、2番目は時給でした。アルバイトは給料の交渉などは全て自分で行わなければなりませんが、派遣スタッフは派遣会社が行ってくれる為、営業のプロが代行してくれるので交渉がスムーズに進みます。また、これは平均ですが、派遣スタッフの方がアルバイトよりも時給が高い事が多いです。これは企業側が直接雇用の場合は、求人広告を出したり、面接をしたりと人事的な部分で労力や予算をさかなければいけない所を派遣会社が代行してくれる為、その費用の部分を時給に上乗せする事が可能になるという点が大きいと思われます。

働き方は色々あると思いますが、今回はアルバイトと派遣社員を比べてみました。

アルバイトも派遣も非正規雇用という点では同じかもしれませんが、就業形態によって福利厚生や待遇などは大きく違うと思います。自分に合った就業形態を選ぶ事が一番大事だと思います。

何か迷った事、分からない事があったら、採用担当に相談してみて下さい。分かる範囲になりますが、出来る限りアドバイスさせて頂きます!

以上です。